道のり不器用は将来直らないものなのでしょうか。

ぼくは昔からかなりのベクトル不器用。

今日は、世話になった上級が何だかぼくに引き取りたい売り物があると言ってきたので亭主の職場まで奪い取りに行くことにしました。
何度か行った事があります。
そこは駅近。
戸惑う事はないだろうと思って行ったのですが、まず最初に駅舎の改札口で「あれ?いずれの出口だったっけ?」と苦しむぼく。そんなふうに、北口と南口とで改札口が2会社あったのです。
駅舎にある辺り地図で確認してから改札口を出ました。
そしてメモリーを辿りながら進路なりに歩いたのですが、段々と確信がなくなってきたぼく。
そう!携帯についている縮図のアプリケーションを使えばいいんだ!それほど願い、行先を入力して帯同のナビシステムにたのみました。
でも、どうにも見づらい。歩いているベクトルがやっぱり違うような気がする。
そんなに思ったので、駅舎まで引き返して先刻とは逆の改札口の方面へ行きました。そして進路なりに歩いていきました。
なんか違う。過日見た展望と全然違う。
またまた確信をなくしたぼくは再び駅舎に戻る案件に。そしてまた帯同のナビシステムに頼ってみました。すると、今度は本当にナビシステムの通りに自分が動いてる!そんなふうに納得したぼくは、ナビシステムの通りに最後までいく案件に。そしてやっと辿り着きました!ほとんど半ほど歩いていたんじゃないでしょうか。本来ば10分もかからないくらいの位置なのに。しかも行った案件生じる位置なのに。

ベクトル不器用ってライフスタイル直らないのでしょうか。
しみじみ自分で呆れた毎日でした。Amazon ベルタ